エッセイのようなもの。ていうか、エッセイってなに。

くだらないこと、思ったことをツラツラと

2018.11.21

久しぶりに大きな声で人と喧嘩した。

喧嘩というか、我慢していたものを吐き出してしまった。

自分でもびっくりするほどの大きな声で、ひどいことを言ってしまった。

今でも、あの悲しそうな顔を思い出すと涙が出る。

 

不器用な人というのは、勘違いされがちだ。

誰かのためにやっていることなのに、分かってもらえてないんだ。行動の裏には、優しさが絶妙に隠れてしまっている。

そういうことに気付ける人になりたかったはずなのに、それに気付かず怒ってしまった。

 

自己嫌悪で、今日は一日くらーい気持ちだった。

謝ったって、放った言葉は消えてなくならない。質量なんかなくたって、それはずっとずっと心にのこってしまうんだ。