エッセイのようなもの。ていうか、エッセイってなに。

くだらないこと、思ったことをツラツラと

2018.10.1

台風のあとの青空は、いつもよりも身近に感じる。

なアんだ、あいつか、みたいな気持ちになる。

 

雨戸を閉めなくてもいいし、なんなら窓を開けて、網戸にしといてもいい。

あれほど鬱陶しかった風が、心地よく肌を刺して、気持ちが穏やかになる。

ゼミの発表が終わって、肩の荷が下りたっていうのもあるかもしれない。

 

毎日毎日、今日みたいな陽気ならいいのにって思うけど、作物を育ててる人に言ったら怒られそうだ。

僕がこれで良いじゃんって思うことの裏側には、これじゃ困るんだよって人の気持ちが隠れてる。

当たり前のことなのかもしれないけど、絶対に忘れちゃいけないものでもあるし、やっぱり、当たり前のなかにも真理や幸せは、転がっている気がする。

 

そういう一つ一つに、気付いて、拾って、確認して、ちゃんと大切にしまっておきたい。

 

僕の好きなアーティストも言っていた。

「幸せはなるものではなく、今ここにあると気付くのである。」って。